成人矯正の種類と装置

成人矯正の種類と装置

成人矯正の方法には、矯正を行う際に歯に装着する
「ブラケットと呼ばれる装置の場所と種類」で
さまざまな治療法が行われています。

 

このサイトではブラケットの装着場所と種類による治療法や
メリット・デメリットについて情報提供します。

 

ブラケットの装着場所による治療法は2つに大別できます。
それは「表側矯正法」「裏側矯正法」です。

 

表側矯正は歯の表面にブラケットをつける方法です。
「歯が動きやすい」「汚れが目に見えるので歯磨きし易い」
「歯科医が楽に調整できる」といったメリットがるものの、
「歯の表面なので目立つ」「歯が盛り上がった状態になって口を閉じにくい」
「装置が当ることで口内炎になりやすい」といったデメリットがあります。

 

この表側矯正に使用されるブラケットの代表的なものには、
金属ブラケット・審美ブラケット・セルフライゲーションブラケットがあります。

 

裏側矯正は歯の裏側(舌側)に付ける方法です。
「歯の裏側なので目立たない」
「歯磨きはしづらいものの比較的虫歯にならない」といったメリットがるものの、
「慣れるまで喋りづらい」「舌に装置が当たり慣れるまで痛い」
「表側より治療器間が長く費用も高い」といったデメリットがあります。

 

この裏側矯正に使用されるブラケットの代表的なものには、
リンガル・ハーフリンガルブラケット・マウスピースがあります。

 

なお成人矯正の種類としては表側矯正・裏側矯正以外にも
非抜歯矯正の可能性を飛躍的に拡げたといわれる
インプラントを用いた「インプラント矯正」、
全身麻酔の外科手術で歯を骨ごと移動させて矯正する
「外科矯正」などもあります。
矯正治療に長けているのは、オハナ矯正歯科クリニックです。

関連ページ

歯の矯正治療を歯医者でおこなって嬉しいポイントとは
歯の矯正治療を歯医者でおこなって嬉しいポイントとは
インビザライン治療を歯医者でおこなおう
インビザライン治療を歯医者でおこなおう
矯正治療を受ける医院の選び方
矯正治療を受ける医院の選び方
クイック矯正(補綴矯正)とは
クイック矯正(補綴矯正)とは