お子さんと歯列矯正

お子さんと歯列矯正

歯並びの重要性について広く知られるようになった昨今では、子供時代に歯列矯正に臨む人が増えています。
噛み合わせは顎の骨の成長に関わりますから、なるべく早い段階で歯列矯正受けさせたいという親御さんもいることでしょう。
 

 

今回は、そんな皆さんのためにお子さんの歯列矯正治療の内容について詳しく見ていきましょう。

 

子供と大人の歯列矯正における最大の違いは、歯が成長中であるかどうかという点に尽きます。
お子さんの場合は歯が成長する余地を残しており、その成長を妨げないように配慮しつつ矯正治療に取り組まなくてはいけません。
そのため、子供の歯列矯正では、大きく2つの期間に分けて治療をするのが一般的なのです。

 

小学生の低学年から中学年までは、乳歯が生え変わるのをサポートするのを前提に、顎や噛み合わせのバランスを整える矯正に努めます。
こうした時期を終えてから中学生までの間は、生えそろった永久歯に合わせて大人の歯列矯正と同様の施術に変わっていくのです。

 

方法としては歯に金属製の装置を付けるブラケットや、マウスピースで整えるという方法があります。
ただし、歯列矯正は親御さんだけが頑張っても成功するとは限りません。

 

お子さんの協力を得られるように説得し、適切な歯磨きを行うと同時に矯正器具をむやみにいじらないでもらうことが歯並びを整えるために必要不可欠なのです。
特に歯列矯正中は、大人であっても虫歯のリスクが高まります。

 

お子さんの場合も同様ですので、食生活やブラッシングの指導には力を入れましょう。
親御さんの補助とお子さんの努力が組み合わさることで、綺麗な歯並びを手にすることが出来るのです。

関連ページ

良い歯並びと悪い歯並び
良い歯並びと悪い歯並び
矯正治療で健康保険が適用されるか
矯正治療で健康保険が適用されるか
予防歯科とお子さんの歯列矯正
予防歯科とお子さんの歯列矯正
歯列矯正は高齢者も
歯列矯正は高齢者も
歯の矯正治療の開始時期について
歯の矯正治療の開始時期について
歯列矯正でこう変わる
歯列矯正でこう変わる