矯正治療って何?

矯正治療って何?

歯並びが悪いとか
ものをよく噛めないとかいった状態を「不正咬合」といい、
そのような状態をさまざまな症状に応じてゆっくり歯を動かし、
歯並びや噛み合わせを治療するのが矯正治療です。

 

歯並びや噛み合わせが悪いと見た目が悪いだけでなく
歯ブラシが歯のすみずみまで届きにくいために、
虫歯や歯周病などの大きな原因になります。

 

不正咬合の種類を大別すると、
「歯による不正」と「顎による不正」の2つに分けられます。

 

歯による不正の要因としては
「乱杭歯・八重歯・すきっ歯・出っ歯」など、
顎による不正の要因としては
「上顎前突・下顎前突・開咬・過蓋咬合・顎変形症」などがあります。

 

これらの不正咬合を治療法としては、
治療に適した時期(適齢期)で大別するとつぎの3種類が行われています。

 

「小児矯正」は2段階で行う治療法です。
永久歯が生え揃う6歳〜10歳くらいまでに
あごの骨のバランスや大きさを整え(骨格矯正)、
永久歯が生え揃ってから2期治療として
歯の位置を整える歯列矯正を行います。

 

「成人矯正」は小児矯正の2期治療に該当する治療で、
永久歯の生えそろった成人を対象にした歯列矯正治療です。
この成人矯正には、
顎の大きさや形が原因で歯並びや噛み合わせが悪い場合に
外科手術と矯正装置による歯列矯正を組み合わせて矯正する
「外科矯正」と呼ばれる治療法も含みます。

 

近年治療技術は急速に進歩しており、
矯正治療の際にあまり年齢のことは問題にしなくなっていますので、
特に子供に不正咬合を感じた時は、
すぐに専門医で診断を受けることをおすすめします。
http://www.sa-dental.tokyo.jp/

関連ページ

注目を浴びているインプラント矯正とは
注目を浴びているインプラント矯正とは
矯正治療の後戻りと後戻りの予防方法
矯正治療の後戻りと後戻りの予防方法