注目を浴びているインプラント矯正とは

注目を浴びているインプラント矯正とは

最近注目を浴びている歯の矯正治療法の一つに、
「インプラント矯正」という治療法があるのをご存じですか。
 
インプラント矯正とは
「歯科矯正用アンカースクリュー(ネジ)」という
小さなインプラントを顎の骨に埋め込み、
それを固定源として使用する矯正法です。

 

顎の骨に埋め込んだインプラントを固定源にして使用することで、
これまでの矯正治療では難しかった
「歯を効率的に動かす」ことが可能になったのです。

 

そのことで治療期間の短縮や抜歯しないで矯正する可能性が、
近年は大きく拡大しました。

 

「インプラント」というと歯を失った部分の頤骨に
もともとの歯に代わって埋入する「デンタルインプラント」を思い浮かべますが、
矯正用のインプラントは長期間使用するものでも噛むためのものでもありません。

 

インプラント矯正では長さが6〜10mm程度で太さが1.4〜2mm程度の、
小さなチタン合金製インプラントを使用します。
矯正用インプラントは麻酔をしてから
埋入する場所に1mm程度の穴を空けてその中に入れます。
痛みや出血はほとんどありませんし、
時間はわずか15分程度で完了する施術です。

 

複雑で3次元的に歯を動かす必要があるケースでは
多くの矯正用インプラントを埋入する必要がありましたが、
最近は技術開発が進んだことで、2本の埋入だけで対応できる
矯正用インプラントも使用されるようになっています。

 

インプラント矯正には
「手術が必要・長くは使えない・折れる時がある・歯を傷つけるときがある」
といったデメリットはありますが、
「非抜歯矯正の可能性拡大・治療期間の短縮・
虫歯リスクの低減・動かしたい歯だけを動かせる」
といった大きなメリットがあります。

関連ページ

矯正治療って何?
矯正治療って何?
矯正治療の後戻りと後戻りの予防方法
矯正治療の後戻りと後戻りの予防方法