歯医者での歯の矯正治療について

歯医者でのワイヤー矯正とは

こちらのさくら歯科のサイトでも解説されているように、歯並びが綺麗になると、コンプレックスから開放され気持ちが楽になります。
歯並びがコンプレックスになっている方は、当然歯の矯正治療をしたいと考えるでしょう。

 

口元の美しさの象徴になるのが歯並びであり、
歯並びが美しくなることでより口元の印象が良くなります。

 

プライベートでもお仕事上でも嬉しいポイントになるのは間違いありません。

 

興味がある方は、まずは歯医者に行き、歯の状態をチェックしてもらうと良いでしょう。

 

保険適用外の治療の場合は、顎の状態によっては、
先に顎の治療をおこなわないといけないことになる可能性があります。

 

しかし、保険適用の治療であるワイヤー矯正なら、
よほどのことがない限り治療が可能となっています。

 

ワイヤー矯正のデメリットになるのが、
どうしても治療をしていることがほかの方にばれてしまうことですが、
治療後には満足ができる綺麗な仕上がりの歯並びとなります。

 

芸能人のような綺麗な歯並びとなるため、
より自分自身に自信が持てるようになるのは間違いありません。

 

人前では歯並びが見える表情を極力避けていたのに、
治療後にはそういったことを気にする必要がなくなります。

 

ワイヤー矯正のメリットは何と言っても治療費が安いことです。
保険証をお持ちの方でしたら、保険適用内の治療費問題がなくなるため、
経済的な問題で歯の矯正治療ができないという方も気軽に治療ができるようになります。

 

特にこの不況と言われている世の中においては、
経済的な問題で断念をしないといけない方もいるでしょう。

 

その部分がネックになっている方も安心して治療ができるため、
思い切って歯の矯正治療をおこなってみてはいかがでしょうか。

矯正治療について

健康的な歯には、理想的な歯並びとあごの位置が必要といわれています。

 

歯並び・噛みあわせが悪いと、
食べ物が歯の間にはさまり、歯磨きもしにくく、歯周病や虫歯になりやすい。

 

食べ物をよく噛み砕けず、かみ合わせのずれが悪化していく。
正しい発音がしにくくなる。
筋力のバランスが崩れて姿勢が悪くなる。
顔の成長に影響を与える。
いびきや歯軋りがひどくなるなど、悪影響を与えてしまいます。

 

歯並びが悪いことにより、様々な害が、歯および口腔周囲に起こることになります。

 

これまでの矯正治療は、見た目をきれいに見せる美容的なものとの認識もありましたが、
矯正治療の目的は、歯を長持ちさせることにあるのです。

 

矯正治療こそが歯科医療にとって必要とされているものなのです。
 

 

歯に少しずつ力をかけ、歯並び・噛みあわせを治し、
理想的な歯並び・あごの位置にすることで、
口元はもちろん、顔立ちまでが整ってくるだけでなく、
体全体の健康にもつながってくるのです。

 

ですが、矯正装置をつける見た目の悪さ・違和感、
歯磨きがしにくく、虫歯になりやすくなる。
矯正装置に痛みを伴う場合がある。
固いものが一時的に噛めなくなる。
矯正装置が外せても、
マウスピース(リテーナー)を使用することが理想とされているなどのデメリットも出てきます。

 

このことで矯正治療を躊躇している方も大勢いらっしゃいます。

 

矯正治療は一般歯科と違い、すぐに治療結果が出るものではありません。

 

治療を始める前にメリット・デメリットをしっかり把握して、
時間や費用、治療方法を把握しておく必要があります。

更新履歴